IMG_4775_edited_edited.jpg

​BEESWAX(ミツロウ)

ミツロウはミツバチが作る巣の原料です。

ミツバチはハチミツを食べて腹部にあるロウ腺というところで生合成して、関節の隙間からミツロウを分泌し、巣を作っています。

分泌するミツロウの量は食べたハチミツの量に対してわずか10分の1程度と言われています。

ミツバチはエネルギーの消費を最小限に抑えるために、巣房を六角形にし最小量のミツロウで最大量のハチミツを貯蔵できるハニカム構造の巣を作っています。


ミツロウは巣を守るために防水性が高く、天然の抗菌・殺菌作用もあると言われています。

また、ミツロウの主成分のワックスエステルは保湿効果に優れているともされています。

ミツロウワックスやミツロウキャンドル、ハンドクリームやリップクリームなどの化粧品の原料として使われています。